私たちの教会

「ルーテル」とは?

新田キリスト教会の正式名称は、「西日本福音ルーテル教会 新田福音ルーテル教会」です。

「ルーテル」とは、歴史の教科書でもおなじみの宗教改革者マルティン・ルターのことです。
1517年、ルターの宗教改革によってルーテル教会がドイツで誕生しました。
ルターの宗教改革を通して明らかにされた「聖書のみ、信仰のみ、恵みのみ」という信仰を継承するキリスト教会として、世界に福音を伝え、ヨーロッパ(ドイツ・北欧では国民教会となりました)からアメリカ、アジア、アフリカ、ラテン・アメリカなどに至りました。

日本では、今より約100年前、アメリカの宣教師によって最初のルーテル教会が生まれました。
第二次世界大戦後、新たにアメリカ、ノルウェー、フィンランド、ドイツなどから宣教師が来日し、新しいルーテル教会系の教団が誕生しました。

「西日本福音ルーテル教会」とは?

ノルウェー、フィンランドの信徒主義の伝統に立つ宣教会によって生まれた教会です。
「聖書信仰・万人祭司・恵みの賜物の強調・信徒主義・簡素な礼拝・長老制」が特色です。

Ⅰペトロ2:9のみことばのもと、「礼拝で恵みを受け、世に遣わされて行こう」という活動方針で歩んでいます。
神の国の一員として、「福音の恵みに満たされる」礼拝にあずかり、「広がる神の国」のための奉仕に召され、主イエス・キリストから世に遣わされていることをいつも思い起こしながら、それぞれの場で、今日、自分にできる愛の奉仕を行うように努めます。

「新田キリスト教会」とは?

中国が福音の門戸を閉ざした後の1951年、ノルウェージャン・ミッション・アライアンス教団(以下、NMA)は、千葉県を宣教の地と決めました。
この決定に従い、ヴェレイデ宣教師夫妻が市川市に導かれ、10年後、ノルウェー風の会堂が建てられました。当時、周囲は田圃であり、江戸川の土手が見渡せたとのことです(現在は住宅地、JR総武線市川駅から東へ徒歩10分)。

それから40年近くの年月が重ねられる間に、神様の導きによって西日本福音ルーテル教会との交わりと協力関係が進み、NMAの祈りにも支えられ、西日本福音ルーテル教会の一員となりました。

新田キリスト教会(新田福音ルーテル教会)は西日本福音ルーテル教会とヴィジョンを共にしつつ、キリストの愛を伝え、またNMAの伝統でもあるディアコニア(社会奉仕)の働きに祈りと関わりを持ちつづけて歩んでいくことを願っています。

2021年度は、詩編103:2のみことばに導かれつつ、「恵みを忘れず、感謝して進む」の主題で歩みます。
様々な困難を抱え、不足や不満を口にしがちな今、神様がくださっている恵みに目を向け、数え、感謝しながら、イエス様と、みなさんとともに歩み、神様から委ねられた主の愛を伝えるつとめを進めていきます。
一年の主題を思い起こすテーマ賛美は、「主から受けし」(水野源三氏の詩による賛美歌)です。

牧師は?

現在の牧師は、石丸潤一牧師です。
1975年長崎県佐世保市に生まれ、1997年に松江福音ルーテル教会で洗礼をうけました。
2001年に牧師として神様と人々に仕えたいという願いをもって、神戸ルーテル聖書学院に入学。その後、神戸ルーテル神学校へ進み、伝道師の経験を経て、2009年に牧師按手を受けました。
趣味は音楽(歌)。学生時代に混声合唱団に所属し、島根県民ミュージカルではソロをつとめました。
教会の働きのかたわら、特に賛美・音楽に深い関心を寄せて働いています。現在、西日本福音ルーテル教会賛美委員会のほか、4ルーテル讃美歌委員会(今後出版予定の『教会讃美歌増補版』の日本語詞作成作業等)、韓国賛美宣教団オンギジャンイの日本ツアーのサポート(日本語詞作成作業等)など。