背景

「油」が何を意味するかについて、これまでの解釈はだいたい3つに分けられます。A聖霊様のこと Bイエス様を信じる信仰のこと C聖書のこと。花婿はイエス様、結婚式は天国を意味しています。花婿が結婚式を迎えるというのは、イエス様の再臨のことです。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. 「目を覚ましているクリスチャン」とは、どういう人のことだと思いますか。
  2. たとえから
    • おとめたちの役目は、夜中に来る花婿の道を照らすことでした。まだ時計のない時代では、時間に遅れるこがあたりまえでした。そんな状況で、愚かなおとめたちが油を十分に用意しなかったのは、なぜだと思いますか。
    • 意識したにしろ無意識にしろ、友達の結婚式がうまくいくように気を使わない人は、どうしてそうなると思いますか。いろいろ考えてください。
    • 花婿に対するこの2つのグループの気持ちは、どう違っているでしょう。
    • 賢いおとめも目を覚ましていることができなかったのは、どうしてでしょう(5-7)。
    • 賢いおとめたちが油を分けなかったことを、どう思いますか(8-10)。
    • 花婿は愚かなおとめたちも知っていたはずなのに、どうして「知らない」と言ったのでしょう(11-12)。
  3. たとえの解釈
    • イエス様が言われる「賢いおとめ」とは、だれのことを指していますか。
    • 「愚かなおとめ」とは、だれのことですか。
    • A、B、Cの解釈よって、イエス様の再臨の準備はどう違いますか(3、4)。
    • イエス様の再臨の準備が整っている人と、そうでない人の信仰はどう違いますか。
    • 皆さんは、再臨の準備が整っていると思いますか。
    • 「10人ともが眠った」とイエス様が言われたのは、何を教えるためですか(5、13)。
    • イエス様はいつ、どのようにご自分のものを知るようになられますか(12)。
    • 天国の結婚式をありがたいと思うのは、どんなときですか。
    • 13節は、皆さんにとってどういう意味ですか。

よき知らせ

人は、自分の短所や罪を言い表さないとお互いに知ることができません。私たちが自分の罪を告白して赦しを請わなかったら、イエス様は私たちを、本当の意味で、ご存知ないということです。