背景

新約聖書の「キリスト」と旧約聖書の「メシヤ」は、油注がれた者という意味です。王と大祭司がその地位に就くとき、頭に油を注ぐ儀式が行われました。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. この個所からすると、「いわしの頭も信心から」という言葉をどう思いますか(13-17)。
    • キリスト教会では、正しい信仰告白がどうしてそれほど重要なのですか。
  2. 皆さんにとって一番信じやすいのは、次のうちのどれですか。イエス様は800年前に亡くなった預言者のエリヤである、600年前に亡くなったエレミヤである、3年ほど前に殺されたバプテスマのヨハネである、それともメシヤ・生ける神の子である(14-16)。
    • 皆さんは、14節のような答えをする人はクリスチャンといえると思いますか。理由も言ってください。
  3. イエス様がたくさんの奇跡を行われたのに、大多数の人は彼が旧約聖書に預言されたメシヤであることがどうしてわからなかったのですか。
  4. 正しい信仰は、どうしたら持つことができるでしょう(17)。
  5. 皆さんは「あなたは岩です」と言われたら、どう思いますか。
    • ペトロはイエス様に「岩」と言われたとき、どんな気持ちになったでしょう。
    • イエス様が言われたのは、ペトロ自身が岩であるという説と、ペトロの信仰告白が岩であるという説があります。皆さんはどう思いますか。
  6. 19節の意味は何ですか。(天の国の鍵とは何ですか。それを今、だれがもっていますか)
  7. ペトロは、21節に書いてあることがイエス様の身に起こると、どうして信じられなかったのでしょう。
    • 17節と13節を比べてください。ペトロの言葉はそれぞれどこから出たものですか。
    • 信仰告白したのに、ペトロの信仰には何が欠けていましたか。
  8. イエス様は、さっき「岩」と呼ばれた人を、どうしてすぐ後で「サタン」と呼ばれたのでしょう。
    • ペトロはこのとき悪霊にとりつかれていなかったということは、どうしてわかりますか。
    • サタンはペトロを通して何をしようとしましたか。
    • クリスチャンも、愛する人に対してサタンの役割を果たすことがあるのは、どんなときですか。
  9. 神のことを思うのと、人間のことを思うのはどう違いますか(23)。
    • キリスト教会の中で、どちらの考え方がふつうだと思いますか。
    • イエス様は、サタンの役割を果たした人をどう扱われますか。

よき知らせ

21節を、「ペトロと私の罪のために」という言葉を付け加えて、読んでください。