質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. 今の社会で、クリスチャンはどれくらい、迫害、またはあざけりを受けていると思いますか。
    • クリスチャンが批判されるなら、どんなことでですか。
  2. 羊が狼の中に送り込まれると、何が起こりますか(16)。
    • イエス様が弟子を狼の群れに送り込まれる、というのはどういう意味ですか。
    • 蛇のように賢く、鳩のように素直に、どうしたらできますか。
  3. イエス様の弟子たちが法廷に引き出されるのは、どんな罪のためですか(17-22)。
    • 信仰のために法廷に出されるとわかったら、みなさんは「何をどう言おうか」と心配することをやめられると思いますか(19-20)。
  4. 信仰のために家族が21節のようにすることは、どんな社会で起こると思いますか。
    • 他の人みんなが反対の中で、自分だけが信仰を守るというのは、どうしたらできますか。
    • 皆さんがいつか信仰のために迫害を受けたら、どんな行動をとると思いますか。
  5. 23節は、今ならどうすることですか。
  6. 師がすでに同じ迫害を経験しているというのは、弟子にとってどういう意味ですか(24、25)。
  7. 迫害の中のふたりを想像してください。ひとりは、「うそはばれ、最後には真実が勝利を得る」と確信しています。もうひとりは、その確信がない人です。どう違いますか(26)。
  8. クリスチャンは迫害を恐れる必要がない、という理由を、26-31節からなるべくたくさんみつけてください。
    • 迫害の中で、クリスチャンのするべきことは何ですか(27)。
  9. 28節でイエス様が言っておられるのは、神様のことですか、サタンですか。
    • 迫害の中で神様だけを恐れるクリスチャンは、どんな行動をとりますか。サタンを恐れるクリスチャンはどうですか。
    • 28節によると、人間にとって本当の悲劇は何ですか。
  10. クリスチャンも体が殺されるときがあると、イエス様は言っておられます(28)。それでは、29-31節は、殉教者、たとえばバプテスマのヨハネの人生にどういう意味を持たせましたか。
    • 迫害されても、本当のキリスト教会は根絶やしにならないのは、どうしてですか。
    • イエス様は、皆さんに30-31節を言っておられます。今の皆さんにとって、それはどういうことですか。