背景

イエス様は、ここで初めて「十字架」という言葉を口にされました。十字架刑は当時の最も重い恥と苦痛を呼び起こすものでしたから、それを聞いた人々に動揺を与えたに違いありません。十字架刑を受ける人は自分で十字架を処刑場まで運び、その道中に人々からあざけられるのも罰の一部でした。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

34-38節

34節 自分を捨てる

34節 自分の十字架を背負う

35節 命を救うか失うか

36、37節 人はどんなことのために命を捨てるか

38節 イエス様とその言葉を恥じる

よき知らせの質問

(C) Copyright 2000 Mailis Janatuinen
All Rights Reserved.
よき知らせの学びの会
西日本福音ルーテル教会事務局
〒651-0052 神戸市中央区中島通2-2-11
Tel 078-242-0887 Fax 078-242-4166