背景

イエス様は次に日に起こるご自分の死が弟子たちにどんな影響を与えるかについて、ここで言っておられます。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. どうしてこの世はイエス様の死を喜ぶのですか(20)。
  2. 女が子供を産むことにたとえて、イエス様は何を言っておられるのでしょう(21)。
    • 新しいものが生まれるのは、どうしていつも苦しみが伴うのでしょう。
    • 苦しい中で、皆さんや愛する人の人生にどういう新しいものが生まれましたか。
    • イエス様は21節で、おそらくご自分の死のことをも言っておられます。出産という比喩を通して、ご自分の死について何をおっしゃりたかったのでしょう。
  3. 苦しみと喜びには、どんな関係がありますか(22)。
    • 私たちの喜びを奪い去ることができるものは何ですか(22)。
    • だれも奪い去ることができない、その喜びは何ですか。
  4. イエス様によると、祈りが聞かれる条件は何ですか(23-24)。
    • 単に神に祈るのと、イエス様の名前で祈るのはどう違いますか。
  5. 「あなたがたが父に求めることは何でも、父は、わたしの名によってそれをあなたがたにお与えになります」(新改訳)というイエス様の約束はどういう意味ですか。
    • 皆さんは、23-24節は自分にもあてはまる約束だと思いますか。理由も言ってください。
    • 皆さんのクリスチャン生活の中で、祈りが聞かれた一番すばらしい例はどんなことですか。
  6. 世にいる間クリスチャンには苦難があるとイエス様は33節で言っておられます。苦難とはどういうことを指していますか。
    • どうして多くのクリスチャンは苦難のない人生を求めるのですか。
  7. 苦難のなかでもイエス様によって平和を得るというのは、どういう意味ですか。
    • 苦しみは神の御手から来ると信じないクリスチャンは、苦難の中での平和を得られると思いますか。その理由も言ってください。
  8. イエス様はすでに世に勝っておられるというのは、どういう意味ですか(33)。
    • イエス様は皆さんに33節の言葉を言ってくださっています。今の皆さんにとって、どういう意味ですか。