背景

モーセは、自分のような人が神によって立てられると言いました(申命記18:15、18)。それが14節に出てくる預言者のことです。モーセのとき人々は荒野でマンナを食べたので、新しい預言者も同じような奇跡を行えるはずです。5つのパンと2匹の魚が一食分でした。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. イエス様の人気の秘密は何ですか(2)。
    • イエス様の人気が長続きしなかったのはなぜですか。
    • 有名人は人気が衰え始めたら、普通、どうしますか。
  2. イエス様が弟子たちの信仰を何度も試されたのはなぜですか(5-6)。
    • 弟子たちは信仰が試されたことによって成熟したと思いますか。
    • 経済的な面で、神様は皆さんの信仰をどのように試されましたか。(心の中で答えてもかまいません)
  3. 7節の200デナリは、8ヵ月の平均収入に当たります。その金額で、今の日本では何人分の弁当が買えるでしょうか。
  4. 自分の弁当を差し出した少年は、どう思ってそうしたのでしょう(9)。
    • アンデレは、イエス様にこの少年のことを言ったとき、奇跡のことが頭にあったでしょうか。理由も言ってください。
  5. ある神学者は、人々が自分の弁当をみんなで分け合ったので5000倍になったと、この奇跡を解釈しています。これが間違っていることは、この個所のどこからわかりますか。
    • 4つの福音書全部にこの奇跡の記事が出ていますが、どうしてそんなに大切なのですか。
  6. 人間というのは昔からどんな支配者を求めていますか(15)。
    • イエス様はダビデの子孫なので王の地位に着いてもよかったのに、このときはなぜユダヤ人の王にされることを拒まれたのですか。
  7. 今日、大衆はイエス様に何を期待していますか。
    • 皆さんはイエス様になによりも期待するものは何ですか。
    • このパンの奇跡は、皆さんに何を教えますか。
  8. 人々がこの奇跡を見てからも、まだしるしを求めたのはなぜですか(30)。
  9. イエス様は、この奇跡の後ご自分が命のパンであるとおっしゃいました。それはどういう意味ですか(35)。

よき知らせ

48-51節を読んでください。5000人の人に食べさせる奇跡は、イエス様がどのように命のパンとなられたかを教えています。イエス様は私たちが命のパンを食べて永遠に生きるために、死んでくださいました。命のパンは聖餐式のパンをも意味しています。