グループの中に聖書をまったく知らない人がいるときは、最初の個所としてこれはつかわないでください。初心者にとって、難しすぎるからです。

質問

注:かっこの中の質問は、前の質問に答えがないときにだけ読んでください。

  1. 言葉 (1:1-3、14)
    • この4節の意味を自分の言葉で説明してください。
    • 人の間で、「言葉」が持つ役割について考えてください。
    • キリスト教信仰において「言葉」が経験などよりも大切なのは、なぜですか。
    • もし私たち人間に神の言葉がなかったら、どのようにして神を知ることができますか。
    • イエス様はなぜ「神の言葉」と呼ばれるのですか。
  2. 光 (4-10)
    • 4-5節の意味は何ですか。
    • イエス様と光の共通点は何ですか。
    • 「やみはこれに打ち勝たなかった」(新改訳)「暗闇は光を理解しなかった」(新共同訳)はどういう意味ですか(5)。
    • イエス様は暗闇の中で輝く光のような方なのに、どうして世は認めなかったのですか(10)。
  3. バプテスマのヨハネ (6-8)
    • この個所によると、バプテスマのヨハネの務めは何ですか。
    • ヨハネ自身は光ではなかったというのは、どういう意味ですか。
    • ヨハネは自分が光になろうとしませんでしたが、何が彼をそれほど謙遜にしたのですか。
    • 皆さんの務めとヨハネの務めを比べてください。
  4. 世と神の子 (9-13)
    • この個所によると「世」とはどんなところですか。
    • この個所によると、どうしたら「神の子」になれますか。(人は生まれついただけでは神の子とはいえないのはどうしてですか)
    • 皆さんはもう神の子になりましたか。もしそうなら、どのようにしてですか。(心の中で答えてもかまいません)
  5. ヨハネの証 (15-18)
    • 「ヨハネの証」を自分の言葉で説明してください。
    • 皆さんはご自分の人生で、16節は本当だと思いますか。
    • ヨハネの言う、神を知る唯一の方法は何ですか。
    • この個所からすると、ユダヤ人、イスラム教徒、キリスト教徒は同じ神を信じているという主張をどう思いますか。

よき知らせ

イエス様と御言葉は同じものです。皆さんが聖書の言葉を受け入れると、イエス様を受け入れたことになります。聖書を拒むなら、イエス様を拒むことなのです。イエス様という光は今日も皆さんの心の暗闇を照らしています。そのみ言葉を通して、恵みの上に更に恵みを受けるのです。