インターネット放送「心に光を」の著作権について

「心に光を」をご利用の皆様、主にある尊いご支援を心から感謝申し上げます。

「心に光を」メディアセンターでは、一人でも多くの方が、イエス・キリストの福音に触れていただくことを願い、ラジオで放送された番組を、インターネットにおいても配信させていただくこととなりました。つきましては、以下の文章をご一読下さり、福音の宣教のために、皆様のご協力をお願いいたします。

1.インターネット放送「心に光を」の著作権者

インターネット放送「心に光を」の著作権は西日本福音ルーテル教会の放送伝道理事会と、その実行組織である「心に光を」メディア・センターにあります。

2.著作権者の本意

著作権者の本意は、「放送(の録音)は、伝道のツールとして存分に用いられて欲しい」というところにあります。

3.データを利用することができる方

基本的に、どなたのご利用も歓迎します。「心に光を」の働きは、西日本福音ルーテル教会がベースになっていますが、「超教派の活動として利用していただきたい」との願いから、どこのキリスト教会の方でも、ご自由に利用することができます。

4.複製物の作成

「イエス様を紹介するため」や「み言葉の学びのため」などに、このホームページから不特定多数の複製が生じることは構いません。むしろ好ましいことで、積極的にご活用いただければ幸いです。ただし、営利目的での複製は、ご遠慮願います。

番組はそのままの長さ(約9分)でコピーしてください。コピー媒体の録音時間の長さ制限など、やむを得ない場合であっても、メッセージそのもの(約6分)を編集して利用されることは、ご遠慮下さい。

5.金銭の授受

個人伝道などでコピーを作成して配布するといった場合、メディア代などいわゆる実費の授受は、金額も含め渡す人と渡される人の間で良識をもって、ケースバイケースでお決めください。

伝道集会などで一度に大勢の方にコピーを作成して配布するなどといった場合、実費相当であっても「1本いくら」の販売にならないようご配慮ください。

コピーすることに対して、メディアセンターへ、ライセンス料のような利用料を支払う必要はありません。もちろん、この働きが続けられるために、経済的な必要もありますので、感謝に応じて、西日本福音ルーテル教会の放送事業への献金をお捧げいただけますと幸いです。

6.PRのおねがい

配られるメディアのどこかに以下の表示をお願いします(手書きの紙片でも構いません)。

  1. ラジオ番組「心に光を」というタイトル
  2. 「○○○○年○○月○○日分」というラジオ放送の録音日
  3. 「(c)「心に光を」メディア・センター、200X年」という著作権表示
  4. 配布した人の連絡先、教会名など
     (聴かれた方が教会に繋がっていただきたいので)
  5. もし手持ちがあれば、「心に光を」ニュースも一緒に渡して下さい。
  6. 「用いられますように」と、相手の祝福を祈りながら渡して下さい。

PRのときにお役に立ちそうなCDやカセットテープによる「心に光を」メディア配布のための情報も、このHPで紹介しています。必要に応じてご活用ください。

7.インターネット上でのご利用について

上記の1.から6.のお願いは、ホームページ利用の場合であってもご考慮ください。

「イエス様を紹介するため」や「み言葉の学びのため」であれば、自由にリンクいただいて良いフリー素材とします。ホームページにデータを置き直すのも構わないとします。ただし、事後報告でもメディアセンターにご一報いただけたら嬉しいです。

ページのどこかに下記のバナーによるリンクをお願いします。

−インターネット放送「心に光を」公式バナー−

cubicさん(近畿福音ルーテル教会)作-お礼申しあげます

大型バナー
インターネット放送「心に光を」−ただいまオンデマンド放送中
HTMLソース
<a href="http://www.wjelc.or.jp/mediacenter.htm">
<img src="http://www.wjelc.or.jp/mediacenter/400banner.jpg" width="400" height="60" alt="インターネット放送「心に光を」−ただいまオンデマンド放送中">
</a>
小型バナー
インターネット放送「心に光を」
HTMLソース
<a href="http://www.wjelc.or.jp/mediacenter.htm">
<img src="http://www.wjelc.or.jp/mediacenter/88anime.gif" width="88" height="31" alt="インターネット放送「心に光を」">
</a>

2004年4月 「心に光を」メディア・センター