小 教 理 問 答

聖壇の礼典

家長が、その家の者に対して、いかにこれを単純に、教えるべきかについて。

聖壇の礼典とは何ですか。

答 −
それは、われわれの主イエス・キリストの、まことの肉、まことの血であって、われわれキリスト者が、パンとぶどう酒とともに食し、飲むようにと、キリストご自身によって設定されたものです。

それはどこにしるされていますか。

答 −
聖なる福音記者、マタイ、マルコ、ルカそして聖パウロが次のように書いています。
「われわれの主イエス・キリストは、渡される夜、パンを取り、感謝してこれをさき、弟子たちに与えて言われた。取って食しなさい。これはあなたがたのために与えるわたしのからだである。わたしの記念として、これを行ないなさい。食事ののち同じようにして杯を取り、言われた。みなこの杯から飲みなさい。これは罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流す、わたしの血による新しい契約である。飲むたびに、わたしの記念として、これを行ないなさい」(第一コリント11:23−25、マタイ26:26−28、マルコ14:22−25、ルカ22:16−20)。

このような飲食が、どんな役に立ちますか。

答 −
それは、「これは罪のゆるしを得させるようにと、あなたがたのために与えられ、流されるのだ」(ルカ22:19−20、マタイ26:28)とのみことばに示されています。すなわち、この聖礼典において、このみことばをとおして、われわれに、罪のゆるしと、生命と、祝福とが与えられるのです。それは罪のゆるしのあるところに、生命と祝福とがあるからです。

肉体的な飲食が、いかにしてそのような、大きなことをすることができるのですか。

答 −
もちろん、それをするのは飲食ではなく、ここに言われているところの、「あなたがたのために与えられ」 「罪のゆるしのために流され」とのみことばです。このみことばは、肉体的な飲食とともに、聖礼典における主要な部分です。そしてこのみことばを信じる者は、このみことばが、語り、宣言すること、すなわち、「罪のゆるし」を得るのです。

どのような人が、この聖礼典にあずかるにふさわしいのですか。

答 −
断食や、肉体的準備をすることは、確かに外面的にはよい訓練です。しかし「これは罪のゆるしを得させるようにと、あなたがたのために与えられ、流されるのだ」とのみことばを、信じる者こそ、まさしく、ふさわしく、適している人です。しかし、このみことばを信ぜず、疑う者は、ふさわしくなく、適していない者です。それは、「あなたがたのために」とのみことばは、純粋に信じる心を要求するからです。
発 行:西日本福音ルーテル教会・ビジョン21委員会
〒651-0052 神戸市中央区中島通2丁目2番11号
電話:078−242−0887 FAX:078−242−4166