私たちの教会


「ルーテル」とは、
歴史の教科書でもおなじみの宗教改革者マルティン・ルターのことです。
 1517年、ルターの宗教改革によってルーテル教会がドイツで誕生しました。

ルターの宗教改革を通して明らかにされた
「聖書のみ、信仰のみ、恵みのみ」
という信仰を継承するキリスト教会として、世界に福音を伝え、
ヨーロッパ(ドイツ・北欧では国民教会となりました)から
アメリカ、アジア、アフリカ、ラテン・アメリカなどに至りました。

 日本では、今より約100年前、
アメリカの宣教師によって最初のルーテル教会が生まれました。
第二次世界大戦後、新たにアメリカ、ノルウェー、フィンランド、ドイツなどから宣教師が来日し、
新しいルーテル教会系の教団が誕生しました。



西日本福音ルーテル教会は、
ノルウェー、フィンランドの信徒主義の伝統に立つ
宣教会によって生まれた教会です。
「聖書信仰・万人祭司・恵みの賜物の強調・信徒主義・簡素な礼拝・長老制」が特色です。


西日本福音ルーテル教会は、
黙示録5:12のみことばのもと、

「讃えよう 〜礼拝と賛美〜

という活動方針で歩んでいます。

みことばを中心とした「礼拝」を通して、神様が恵みをくださること。
神様への心からの感謝をもって「賛美」の声をともに挙げること。
私たちがいつもそれらを第一にして生活することで、
神様の恵みと愛のすばらしさを多くの方々にお届けしたい。
それが、私たち西日本福音ルーテル教会の思いです。
 


荒島福音ルーテル教会は、
北欧ノルウェーの宣教団体によって設立された教会で、
現在、西日本福音ルーテル教会のメンバーとして、
イエス・キリストに対する信仰によって救われるという聖書のみことばの約束に信頼し、働きをしています。

小さな教会ですが、イエス様の豊かな恵みに支えられて、
家庭的な雰囲気の交わりが保たれています。

2013年に、宣教開始から60年
2014年に、会堂建築から50年を迎えました。

2018年は、エペソ4:16のみことばの導きと祈りのもと、
「主は教会の基となり」(『讃美歌21』390)の賛美を歌いつつ、
「主のからだ 〜ともに働き・ともに進む〜」という年題で
歩んでまいります。